野菜不足が引き起こす病気と解消法

現代人は野菜の摂取が不足している傾向がありますが、これが長期間続けば病気になってしまうことも十分に考えられます。

健康的な人生を送るためになるべく意識して摂るようにしたいですね。

ここでは、野菜不足がもたらす病気とその解消法についてご説明していきます。

野菜不足もたらす病気

①生活習慣病

生活習慣病とは、普段の生活習慣が大きく関係してくる症状や病気のことで、高血圧、糖尿病、肥満などがあります。

これらは野菜不足とも大きく関係してきます。

野菜不足になれば、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった生活習慣病に対して効果的に働く栄養を摂れなくなります。

また、野菜不足だと、塩分を排出してくれるカリウムも不足してくるので、体内で塩分過多になり、それだけ血圧も高くなってきます。

②うつ病

現代は、うつ病にかかってしまう方が増えてきていますが、これにも野菜不足が大きく関係しています。

野菜には、精神を落ち着かせてくれる作用のあるビタミンB6やビタミンB12といったものが含まれていますが、野菜不足になれば当然それらが摂取できず、精神が不安定になり、うつ症状も出てきやすくなります。

また、うつ病の人は健康な人に比べ野菜に豊富に含まれている葉酸の摂取が少ないという研究結果もあります。

③肌荒れ

野菜と肌状態が大きく関係している事は昔からよく言われていますね。

野菜を摂らない人ほど肌が荒れている傾向があります。

野菜不足になると、体内でビタミンやミネラルが不足して、コラーゲンの生成がうまく進まなくなってきます。

また、ビタミン、ミネラル、食物繊維が不足すると腸内環境が悪化して便通が悪くなってきます。

そうなれば、毒素や老廃物が便として排泄されにくくなり、ニキビなども増えてくるでしょう。

野菜不足の解消法

野菜不足は1人暮らしをしている若い男性に多いとよくいわれています。

その理由として、「仕事で毎日忙しく、自分で食事を用意することができないので、コンビ二やスーパーのお弁当や外食などに頼ってしまうから」という声が多くありました。

こういった場合、「毎回野菜多めのものを選ぶ」ということから始めてみて下さい。

いつも食べているものにサラダや野菜ジュースなどをプラスしてみるのもよいでしょう。

もちろんある程度自分で用意してもよいと思います。

すべてを用意することができなくても、生野菜を切ったものをタッパーに詰めることや、スムージーにして専用ボトルに入れることならできる場合もあると思います。

お金の節約にもつながりますね。

野菜の選び方も重要になってきます。

現代の野菜は、農薬や化学肥料により作られているものが多く、どうしても栄養価が低い傾向にあります。

なるべく、効率よく栄養を摂取するために、無農薬・無化学肥料で作られた野菜を選ぶようにしましょう。

旬のもの、その土地でとれたものを選ぶこともまた重要になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする