乾燥肌の原因と治し方

お肌の悩みの中でも乾燥肌に悩む方は結構いらっしゃいますね。

かゆかったり、ボロボロに汚くなったりして大変だそうです。

ここでは、乾燥肌に悩む方に向けて、乾燥肌の原因と治し方についてご紹介していきます。

乾燥肌の原因

①バランスの悪い食生活

乾燥肌というと、肌表面のケアばかりに意識が向けられますが、実は、体の内側に原因がある場合があります。

特に注意したいのが食生活です。

お肌は普段食べているものの影響を大きく受けています。

なるべく避けたいのが、コンビニ弁当、ファーストフード、インスタント食品などです。

これらの食べ物は塩分や食品添加物が非常に多く、体も冷やしてしまうので、代謝機能が落ちてきます。

そうなれば、肌表面にある油分が徐々に減っていき、乾燥肌にもつながってきます。

②間違った方法によるスキンケア

乾燥肌になってしまう原因の一つとして「間違った方法によるスキンケア」というものがあります。

「乾燥肌をどうしても治したい」という思いが強い人ほど、お肌の状態が気なって何度もこすってしまったり、洗う必要は特にないのに何度も洗ってしまったりして、余計に治癒から遠ざかってしまう場合があります。

肌をこすりすぎれば保水性を下げるし炎症にもつながってきます。

洗う頻度が多ければ本来お肌にとって必要な油分も流されてしまいます。

③エアコンの効いた部屋

室内で仕事をする場合、長時間にわたってエアコンを浴びてしまうことがありますが、これにより乾燥肌になってしまうこともあります。

基本的に、エアコンが効いている部屋は乾燥しやく、肌表面の水分や皮脂が失われていきます。

真夏は特に注意が必要です。

外出すれば汗が出てきますが、その度に洗顔をしたり汗とりシートを使ったりすれば、お肌の水分不足を防ごうとして分泌される皮脂をとってしまうことになります。

乾燥肌の治し方

①バランスの良い食生活にする

乾燥肌に悩む方は普段の食生活に気をつけるようにしましょう。

お肌の乾燥を防ぐためには、血行や代謝を促進させる効果のある食べ物を意識してとることが大事になってきます。

例えば、豚肉、レバー、こんにゃく、ごま、レモンなどが効果的です。

これらの食べ物はビタミン類、セラミド、αリレノン酸などの栄養素を豊富に含んでいます。

手に入りやすいし、普段の料理にも取り入れやすいのでおすすめです。

また、オメガ3脂肪酸など、なるべく質の高い油をとることも大事になってきます。

オメガ3脂肪酸は、荏胡麻油に亜麻仁油などに豊富に含まれています。

②正しい方法でスキンケアをする

間違った方法でスキンケアを続けていれば、お肌に負担をかけてしまうことで、乾燥肌につながってしまうこともあります。

まずは、思い込みや勘違いなどから間違った方法でスキンケアをしてしまっていないかよく確認しましょう。

そして、正しい方法でスキンケアを行っていきましょう。

特に気をつけたいポイントとしては、「何度も頻繁に洗顔しない」「強くこすらない」「洗顔時に熱いお湯を使わない」「タオルで顔を拭く際に押さえつけすぎない」「メイク落としは丁寧かつ徹底的に行う」などです。

最初は何かとやりづらさがあるかもしれませんが、習慣化できれば楽に短時間でできるようになります。

③エアコンが効いている部屋では多めの水分補給

長時間、エアコンが効いているところにいると肌が乾燥しやすくなっていきます。

なるべく使わないようにするのが理想ですが、職場であれば自分以外の方もいるのでそれも難しいですね。

どうしてもエアコンを避けられないのであれば、水分を多めにとるようにしましょう。

また、皮脂や汗が気になっても、脂取りシートや汗ふきシートを使うのではなく、なるべくティッシュやハンカチなどを使うようにしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする