健康は腸内フローラで決まる?

【腸内環境とは】

人間の腸内には、実に様々な細菌が存在しています。その数は600兆個以上と言われており、顕微鏡で見てみると、まるでお花畑のように見えることから、「腸内フローラ」と呼ばれることもあります。

腸内に存在する菌には、「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類があります。それぞれの働きについて見ていきましょう。

善玉菌とは、体にとって良い働きをする菌のことで、免疫細胞を活発化させる、腸の蠕動運動を促す、有害物質の排泄を促す、悪玉菌の侵入・定着・増殖を防ぐといった作用があります。

悪玉菌とは、体にとって悪い働きをする菌のことで、腸内で有害物質を作る、腸内を腐敗させる、お腹の調子を崩す(便秘や下痢など)といった作用があります。

日和見菌とは、善玉でも悪玉でもなく善玉菌と悪玉菌の優勢な方に同調する菌です。体調が悪い時は主に悪玉菌として働きます。

この3つは、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2: 1: 7」というバランスで保たれていることが理想とされています。基本的に、健康的な人であれば、善玉菌が悪玉菌の侵入・定着・増殖を抑えるような形でこのバランスが保たれています。

しかし、腸内環境は、食事、生活リズム、ストレス、疲労といったものの影響を受けながら、日々変化していきます。何らかの原因で、悪玉菌が優勢になってしまうこともあります。

悪玉菌が優勢になれば、お腹の調子が乱れて、便秘や下痢といった症状が出てきます。

また、食べ物からの栄養を吸収しにくくなるので、体の機能が有効に働かなくなったり、疲れやすくなったりしてくるし、体の方が多くの栄養を摂取しようとすることで肥満にもつながってきます。

そして、腐敗が進んでいけば、アンモニアやインドールといった有害物質も増えてきます。この有害物質は、腸から吸収されて全身をめぐるようになります。血行が悪くなって体が冷えたり、頭痛や肩こりが増えたり、肌が荒れたり、老化を促進させたりといったことにもつながってきます。

【腸内環境をよくするために】

腸内環境を適切な状態に保つためにはどうしたらよいのでしょうか? やはり大事なのは食生活です。コンビニ食、ファーストフード、スナック菓子、加工され過ぎた食品など、栄養価の低い食べ物や不自然な食べ物を控えるようにしましょう。そして、栄養バランスのよい食生活を心がけて下さい。

同時に、善玉菌の栄養となるような食品や善玉菌そのものを増やすような食品を意識して摂取することも大事になってきます。例えば、納豆、味噌、キムチといった発酵食品、ヨーグルト、チーズ、乳酸菌飲料といった乳酸菌が含まれている食品、バナナ、キャベツ、ゴボウなどオリゴ糖が含まれている食品がよいでしょう。

食物繊維もおすすめです。食物繊維は善玉菌を増やすことに加え、蠕動運動や排泄力を高めてくれます。食物繊維は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のどちらも摂取するようにしてください。水溶性食物繊維は、納豆、山芋、こんにゃく、こんぶなどに、水溶性食物繊維は、玄米、いんげん豆、かぼちゃ、たけのこなどに多く含まれています。どちらも一度に摂取したい場合は、青汁がおすすめです。青汁の成分であるケールや大麦若葉には食物繊維が豊富に含まれているし、最近の青汁は、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のバランスを考えて作られているので、どちらもバランスよく摂取することができます。

食生活を改善することに加えて、ストレスをためないようにする、定期的に運動をする、疲れたらリフレッシュをするといった対策もまた大事になってきます。

腸内環境が改善されてくれば、栄養を効果的に吸収できるようになるし、毒素や老廃物が排泄されるようになります。綺麗な血液が全身をめぐるようになり、快適な生活が送れるようになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする